開発・商品情報
開発・商品情報 > ダイストーン

ダイストーン(特許製品)

(株)松井色素化学工業所製

ダイストーン - Dyestone - は従来の染料、顔料に継ぐ“第三の繊維染色着色システム”を探求した結果生まれた繊維染色着色剤です。

ONCは昨今の環境・エネルギー問題の観点から松井色素化学工業所が開発した新システムに着目
両社で業界に提案させて頂きます!

ダイストーンの特長 -仕上がり-

ダイストーンの主な特長

発色美しく濃い 生地風合い柔軟 絵ギワがきれい 極細線シャープ 堅牢度良好 繊維の種類を問わず使用可能

ダイストーンと、染料・顔料との比較

仕上がり
反応染料 一般染料 ダイストーン
色相 良好 劣る → 良好
シャープ性 劣る 良好 良好
風合い 良好 劣る 良好
色合わせ 難しい 簡単 簡単
堅牢度
反応染料 一般染料 ダイストーン
耐光 やや劣る 良好 → 良好
耐洗濯 良好 やや劣る やや良好
耐汗 やや劣る 良好 良好
耐水 やや劣る 良好 良好
耐乾摩擦 良好 劣る やや劣る
耐湿摩擦 やや劣る 劣る やや良好
(株式会社 松井色素化学工業所HP参考)

ダイストーンの特長 –作業性,環境面-

作業性、環境面でも優れている

ダイストーンと、染料・顔料との作業工程及び環境負荷の比較
反応染料 一般染料 ダイストーン
工程 長い 短い → 短い
納期 遅い 早い 早い
排水量 多い 少ない 少ない
CO2排出量 多い 少ない 少ない
エネルギーコスト 多い 少ない 少ない
材料コスト 安い やや安い やや安い
(株式会社 松井色素化学工業所HP参考)
  • 顔料染色と同じ設備と工程で加工でき、染料染色に近い仕上がり
  • 染料のような複雑な染色工程(スチーミング,水洗,ソーピング,フィックス処理,各種仕上げ処理)を必要としないため
    これらに係わるエネルギーが削減され、又、排水の問題も生じない省エネ、環境型の素材
  • ※一般顔料に比べ目詰まりしにくいので、洗浄回数が減り、工程がより短く水の消費量もより削減

ご参考)染料・顔料の問題点

染料プリントと顔料プリントでは、それぞれ優れている点、不十分な点が顕在しており
製品化に向けた企画段階で究極の二者択一が迫られる

【染料と顔料との比較】

仕上がり
反応染料 一般染料
色相 良好 劣る
シャープ性 劣る 良好
風合い 良好 劣る
色合わせ 難しい 簡単
堅牢度
反応染料 一般染料
耐光 やや劣る 良好
耐洗濯 良好 やや劣る
耐汗 やや劣る 良好
耐水 やや劣る 良好
耐乾摩擦 良好 劣る
耐湿摩擦 やや劣る 劣る
(株式会社 松井色素化学工業所HP参考)

プリント見本

繊維へ加工した比較写真

@ ダイストーンによる着色

左)
絵ギワがきれいでシャープ

右)
繊維一本一本が分離し、繊維本来の表面を残しているバインダー(樹脂)が表面にないので柔らかい風合いになっている

A 従来の顔料による着色

左)
絵ギワが滲んでぼやけている

右)
表面にバインダー(樹脂)が溜り、 繊維が樹脂に覆われているため 風合いが硬くなっている

ダイストーンによる編み生地への
プリント柄の見本